東京エアコン工事専門クールプランニング


塩ビ管施工をしないと・・・
エアコンの排水はこんな仕上がりとなります。

   

排水ホース(ドレンホース)に配慮しないと 排水は だらしなく流れ シミが出来ています。
  都合良く 排水溝(排水レール) には流れてくれません。

 蛇のようにクネクネしたドレンホース、固定していないので だらしなく見えますね。

 ドレンホースを パテ(粘土)で固定しています・・・が、ちょっと汚らしいですね。


 こちらもドレンホースをパテで固定していた様ですが、パテが取れて シミ になっています。


下の2台は ドレンホースに 余った電線( VVFケーブル)を巻いて重しにしていますが
これも丁寧な工事とは言えませんネ。

これも ちゃんと 排水レールに流れてはくれません。


ホースが2本出ているのは
室内機からの排水(冷房運転時)と
室外機からの排水(暖房運転時)があるためです!




COOL PLANNING がお勧めしている 排水工事(塩ビ管施工) をご紹介いたします。


こちらは最もスタンダードなタイプです。
室内機からの排水と 室外機からの排水を合流させ 排水レールに流れる様にしています。


塩ビ管施工、防振ゴム、エアカットバルブ等は 室外工事のオプション内容となります。


室外ダクトカバーを延長して 排水 も遠くに流すようにしています。
塩ビ管施工の際には 
排水勾配 と共に ベランダの傾斜角(ベランダ防水勾配 1/50)も考慮しなければいけません。
○印は 排水勾配を確保する為に サドルで固定しています。

一戸建て でも マンションでも 室外機置き場 と 排水処理 は悩ましいと思います。

ベランダに スロップシンク があるマンションでは スリーブ真下 に室外機が置けません。。

(参考例)
https://www.instagram.com/p/BhO1k1GBpCR/?taken-by=coolplanning へのリンク

排水口の近くまで 塩ビ管を延ばして ベランダに 排水ジミ が出来ないようにします。
室外ダクトカバー(ホワイト)は パナソニック電工製 すっきりダクト を使用


室外機2段重ね設置(2段置き金具設置)の際にも 塩ビ管施工 は有効です。

室内機側2本 室外機側2本 合計4ヶ所からの排水を1本にまとめています。

2段架台と ボルトで固定している
室外機用コンクリートブロックBM400 と 防振ゴムも 追加注文頂きました。



下の2枚の写真は

室外機の下から水が出て 頑固なシミ になっているので 塩ビ管施工 をして欲しい。との 手直し工事依頼です。

見た目の良くない工事は 普段見えない部分(カバーの中など) ではもっとひどい工事内容になっていることが殆どです・・・

室外化粧カバーの端末部材、プラ台、エアカットバルブ、排水 塩ビ管施工 を設置いたしました。

下2枚は 同じマンションでの 排水工事 の違いです。

見た目(仕上がり)に随分と違いがありますネ。

左側は 通常のドレンホース
右側は 当社で施工した 塩ビ管(VP管) 施工 です。



         COOL PLANNING 屋外フルオプション施工例  (マンションタイプ

技術力と 施工センス を自負しております COOL PLANNING 一番のアピールポイントは 
室内ダクトカバー施工 だけではありません!

屋外側の オプション工事も充実しています!


今回 マンション 室外工事 5種類のフルオプション施工例 を御紹介させて頂きます。

@ 室外ダクトカバー(室外化粧カバー)
  色:アイボリー サイズ: 77mm (ダイキン:うるさら7の加湿ホースも収納可能なサイズです)
  ウォールコーナーは 100φの大型スリーブ径にも対応するため ラージタイプ(AWM-7L)を使用しています。

A エアカットバルブ

  24時間換気システムの弊害で 室内、室外の気圧差が発生して
  屋外の空気がドレンホースからも入り込み 排水を押し上げてコポコポと異音がします。

B コンクリートブロックBM400 + C 防振ゴム

  マンションでは通常 軽くて持ち運びも楽な プラ台(プラスチックブロック)を室外機の架台にしますが
  室外機 (ドレンソケット)を高い位置にする為 (排水を溜めずスムーズに流す為に) BM400+防振ゴムを組み合わせる施工も可能です。

D 排水 塩ビ管施工
  弊社オリジナルの排水施工方法
  部材を上手に組み合わせて 室内機側、室外機側 両方の排水を1本に合流!
  排水レール(排水ライン)に綺麗に流れるようにします。









             エアコン排水処理に ≪ドレンライン≫ 使用
マンションによっては エアコン用の 排水レールが 設置されていない場合もございます。

そのような場合には
塩ビ管施工排水レール(ドレンライン)の施工がお薦めです!

排水レールが無い! 排水レールはあるが設置位置が良くない! 塩ビ管 を排水口まで長く延すには遠すぎる・・・

そのような場合は ドレンライン を強力両面テープで貼って施工する工事をお薦めいたします!

 エアコンからの 排水による シミ をベランダにつくらない為の 
COOLPLANNING オリジナル施工です!

写真は 室外機2段置き金具コンクリートブロック(BM400)
塩ビ管(VP管) 色アイボリー サイズ20mm





こちらのマンションでは
屋外水栓(蛇口) があるため スリーブ(穴)の真下に 室外機が置けず、
ドレンレールも 少し離れたところに設置されています。

室外ダクトカバーの色はブラックアイボリー 2色準備してお伺いしました。

日当たりの良い 南向きバルコニーの為、 室外機接続近くまで カバーを設置するのに
給湯器からの排水管 を通す穴をあけて 加工(工夫) をしています。






室外機 2段重ね架台(2段置き金具)
コンクリートブロックBM400 と 塩ビ管施工例です。

4ヶ所から出る排水を1本にまとめています。
 
室外ダクトカバーは ブラック (換気タイプ) にて
パナソニック お掃除ロボット 自動排出方式 対応




エアコンからの排水工事
塩ビ管施工(VP管)の 特殊施工例 です。

マンションの 排水溝(排水レール)
綺麗に流れるように致しました。

室内側からの排水、室外機側の排水を合流させ

プラ台(プラスチックブロック) に4ヶ所穴をあけて通しました。


『最良な施工』 と言う名の 教科書 や マニュアル はありません。

現場対応力と
お客様に喜んで頂きたいという 熱意 情熱 が全てです!

マンション 最上階(ペントハウス)では

写真のような  屋根がない
オープン バルコニー(ルーフバルコニー) がある
お部屋があります。

屋根が無いバルコニーであっても
ドレンホースを垂らしておくだけでは シミ汚れ(ステイン)
になってしまいます。

エアコンの 排水シミを 作らないように
排水口近くまで 塩ビ管 を延長設置しています。



排水 塩ビ管施工(VP管施工) には
アイボリー、グレー の2色を通常工事内容としてご準備可能です。

ブラック、ブラウン、クリア(透明) 等の色もご準備可能ですが
通常料金より割高となります。




  トップ メインページ COOLPLANNINGご案内 プライバシーポリシー ご注文前にお読みください ご注文・お問合せ  

Copyright(c) COOL PLANNING. All rights reserved.